【8/27まで】Udemyの人気コースが今なら1,200円から!!

【JavaScript入門】Objectの使い方

オブジェクトを結合するassignメソッド

assignメソッドを使うことにより、複数のオブジェクトをマージすることが出来ます。

js

Object.assing(マージ先obj,マージ元obj1, マージ元obj2...);

js

let obj1 = {
    name:`tamanegi`,
    price:100
};

let obj2 = {
    group:'vegetable',
    from: 'japan'
};

let obj3 = {
    market:'seiyu'
}

Object.assign(obj1,obj2,obj3);
console.log(obj1);

実行結果

{ name: 'tamanegi',  
  price: 100,        
  group: 'vegetable',
  from: 'japan',     
  market: 'seiyu' }  

この方法だとobj1はマージ後の状態になってしまうので、元々のobj1は取り出せなくなってしまいます。
元々のobj1を残しつつ、マージ後のobjectを別に保持したい場合は、以下のように記述します。

元のオブジェクトを残しておきたい場合。

js

let obj1 = {
    name:`tamanegi`,
    price:100
};

let obj2 = {
    group:'vegetable',
    from: 'japan'
};

let obj3 = {
    market:'seiyu'
}

let merged = Object.assign({},obj1,obj2,obj3);
console.log(obj1);
console.log(merged);

実行結果

{ name: 'tamanegi', price: 100 }
{ name: 'tamanegi',
  price: 100,
  group: 'vegetable',
  from: 'japan',
  market: 'seiyu' }

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です