【8/27まで】Udemyの人気コースが今なら1,200円から!!

【Eclipse】デバッグ中に意図したタイミングでExceptionを発生させる方法

【Eclipse】デバッグ中に意図したタイミングでExceptionを発生させる方法

1.任意のソースをデバッグモードで実行する

任意のソースをデバッグモードで実行します。
このとき、「ウインドウ > ビューの表示 > 表示」で表示タブを表示し、発生させたいExceptionのコードを書きます。
例)throw new NullPointerException();
"Eclipceで任意のソースをデバッグモードで実行しているキャプチャ"

2.表示タブのコードを実行する。

表示タブに書いたコードを選択し、「右クリック >実行」で実行します。
表示タブのソースコードを実行しようとしているキャプチャ

すると、catch句の中に置いたBreakpointの位置で処理が止まります。
Catch句で処理が止まった状態のキャプチャ

これを使えばcatch句へ飛ばすためのテストコードをわざわざ書く必要が無くなりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です