Udemyの人気コースが今なら80%OFF!

【HTML5】テキストの表示を強調する主なタグ<b>タグと<strong>タグの違い

テキストを太字にしたい場合は、<b>タグ又は<strong>タグを用います。
囲みたい内容が重要なものであれば<strong>タグを使い、重要でなく単に読者に強調させたい場合は<b>タグで囲むようにするのが望ましいと言われています。
以下はテキストの表示を強調する主なタグです。

要素 意味
<b> 太字
<strong> 重要
<em> 強調
<i> イタリック体(斜体)
<u> 下線を引く。
<mark> マーカー(蛍光ペンの意)

<b>タグの使用例

「かきくけこ」が太字になります。

あいうえお<b>かきくけこ</b>さしすせそ

あいうえおかきくけこさしすせそ

<strong>タグの使用例

「かきくけこ」が太字になります。

あいうえお<strong>かきくけこ</strong>さしすせそ

あいうえおかきくけこさしすせそ

<em>タグの使用例

「Javascript」が斜体になります。

HTML<em>Javascript</em>CSS

HTMLJavascriptCSS

<i>タグの使用例

「Javascript」が斜体になります。

HTML<i>Javascript</i>CSS

HTMLJavascriptCSS

<u>タグの使用例

「456」に下線が付きます。

123<u>456</u>789

123456789

<mark>タグの使用例

「456」が黄色になります。

123<mark>456</mark>789

123456789

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です