頭脳一式

人の記憶なんて曖昧なもの。すべての情報を頭に記憶するなんてナンセンス。困ったらここに来ればいいじゃん?というスタンスで最強のナレッジベースを目指すブログ

スマホがPC代わりに! Android 10 Q のデスクトップモードを試してみた

Android 10 Qのデスクトップモードでモニタに接続してみた写真
Android 10 Qのデスクトップモードでモニタに接続してみた
Android 10 Qからデスクトップモードという機能が実装されるみたいです。
この機能を使うとスマホをPCのように操作できるようになります。
手元にちょうどEssential Phoneがあったので試してみました。

まずはOSをAndroid 10 Q ベータ3版にアップデート

Essential Phoneにインストールする場合はEssential Q Betaというアプリを入れて設定する必要があります。

essential q betaアプリの写真
Essential PhoneにAndroid 10 QをインストールするにはEssential Q Betaアプリを入れる必要がある。
このアプリで設定を進めたあとに「設定」>「システム」>「詳細」>「システムアップデート」と進むと以下のとおりAndroid 10 Qがインストールできるようになっていました。
Android 10 Qのアップデートが来ている写真
Android 10 Q のアップデートが来ている!

使ってみた感想

これが繋いだ直後のキャプチャです。

デスクトップモード起動直後の画面の写真
デスクトップモード起動直後の画面
一通り配線を終えた後にスマホのロックを解除するとモニタに出力されました。
USB-TypeCで画面出力できるらしいのですが、家にあるモニタはHDMIとDVIくらいしか端子がなかったのでコンバータを噛ましてHDMIでモニタに出力しています。

キーボードとマウスも繋ぎたかったのですがBluetoothのキーボードとマウスは電池が死んでいたため仕方なく有線で繋ぐことに。。。これもコンバータでUSB接続しています。
有線だとスマホから給電することになるので電池の消費が気になるところです。

構成でいうと↓の感じです。
スマホ→USB-TypeC→コンバータ→HDMI→モニタ
               →USB1→キーボード
                →USB2→マウス

左下の「アプリのショートカットを追加」を押してChromeとplayのアプリアイコンを配置してみました。

アプリアイコンを配置してみた写真
アプリアイコンを配置してみた
スマホのアプリアイコンがそのまま配置されるわけではなくてデスクトップ用に設定する必要があるみたいですね。
ちなみにアイコンをマウスでドラッグしてみましたが位置を変えることができないみたいです。

とりあえずYouTubeを起動

右下のアイコンをクリックするとスマホにインストールされているアプリのアイコンが出てきました。とりあえずYouTubeを起動してみます!

デスクトップモードでYouTubeを起動してみた写真
デスクトップモードでYouTubeを起動してみた
ちゃんと再生されてますね!
音もスマホ側のマナーモードを解除して音量をあげるとモニタ側から出力されました!
上部の̻□みたいなマークを押すとフルスクリーン表示に!
フルスクリーン表示も可能の写真
フルスクリーン表示も可能
検索欄ではちゃんとキーボード入力も受け付けているようでしたがなぜか日本語入力ができませんでした。。。僕の環境だけでしょうか。

複数のアプリを並行して操作できる

なんとなくChromeとAIDEを2つ起動してみました。

ChromeとAIDEを起動してみた
ChromeとAIDEを起動してみた

複数のアプリを横に配置して並行して操作できるみたいですね。めちゃくちゃ便利です。
それぞれのアプリのウインドウ幅もマウスで自由に広げたりすることができました。
ちょっと苦しいですが、これならググりながらアプリ開発とかもできそうです。

まとめ

計30分くらいいじくり回してみましたが、動作が不安定なところもあり、あと1歩感が否めない印象でした。 ですがこのデスクトップモードが成熟すればノートPC代わり程度にはなりそうな予感がします。 若い世代はPCを持たずに全部スマホだけで完結させている人もいるみたいですが、 あと2~3年すればノートPCの代わりにスマホで作業する時代がやってくるかもしれません。 スマホでアプリ開発も楽できるようになるかも!?