【8/27まで】Udemyの人気コースが今なら1,200円から!!

【JavaScript入門】配列内のいずれかの要素が条件に合致しているかを判定する方法(someの使い方)

【JavaScript】配列内のいずれかの要素が条件に合致しているかを判定する方法(someの使い方)

この記事では、配列内のいずれかの要素が条件に合致しているかを判定する方法(someの使い方)について説明します。

someの基本的な使い方

someの基本的な使い方は以下のとおりです。
someメソッドは、配列内のいずれかの要素が条件に合致する場合にtrueを返します。
33は3で割り切れるため、以下の処理はtrueを返します。

js

let array = [10,20,33,40,50];
let result = array.some(function(val){
    return val % 3 ==0;
});
console.log(result);//true

配列内のすべての要素が条件に合致しない場合はfalseを返します。

js

let array = [10,20,33,40,50];
let result = array.some(function(val){
    return val % 6 ==0;
});
console.log(result);//false

someメソッド内で文字列を返そうとしても、以下のようにtrueが返ってしまうため注意が必要です。

js

let array = [10,20,33,40,50];
let result = array.some(function(val){

    return "aa";
});

console.log(result);//true

some内で別メソッドを呼び出す方法その1

条件判定用のメソッドを定義している場合は、function内で呼び出すことができます。

js

let array = [10,20,33,40,50];
let result = array.some(function(val){
    return hantei(val);
});

function hantei(val){
    return val % 3 ==0;
}

console.log(result);//true

some内で別メソッドを呼び出す方法その2

アロー演算子を用いることで、function内で呼び出さずにいきなり呼び出すこともできます。

js

let array = [10,20,33,40,50];
let result = array.some(val => hantei(val));

function hantei(val){
    return val % 3 ==0;
}

console.log(result);//true

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です