【8/27まで】Udemyの人気コースが今なら1,200円から!!

【JavaScript入門】Setの使い方

Setの生成

Setを生成するには以下のように記述します。

js

let extension = new Set();

//以下のようにコンストラクタでの初期化も可能。
let extension2 = new Set(['html','css','js']);

Setに要素を追加する(add)

js

let extension = new Set();

extension.add('html');
extension.add('css');
extension.add('js');

Setのサイズを取得する(size)

js

let extension = new Set();

extension.add('html');
extension.add('css');
extension.add('js');

console.log(extension.size);//3

指定した要素が存在するかを判定する(has)

js

let extension = new Set();

extension.add('html');
extension.add('css');
extension.add('js');

console.log(extension.has('js'));//true
console.log(extension.has('java'));//false

指定した要素を削除する(delete)

削除に成功した場合はtrueを返します。

js

let extension = new Set();

extension.add('html');
extension.add('css');
extension.add('js');

console.log('削除前');
for (let val of extension){
    console.log(val);
}

console.log(extension.delete('js'));//true

console.log('削除後');
for (let val of extension){
    console.log(val);
}

実行結果

削除前
html
css
js
true
削除後
html
css

すべての要素を削除する(clear)

削除に成功した場合はtrueを返します。

js

let extension = new Set();

extension.add('html');
extension.add('css');
extension.add('js');

console.log('削除前');
for (let val of extension){
    console.log(val);
}

extension.clear();

console.log('削除後');
for (let val of extension){
    console.log(val);
}

実行結果

削除前
html
css
js
削除後

すべての要素を取得する(ループ処理)(values)

削除に成功した場合はtrueを返します。

js

let extension = new Set();

extension.add('html');
extension.add('css');
extension.add('js');

for (let val of extension.values()){
    console.log(val);
}

実行結果

html
css
js

すべての要素を取得する(ループ処理)(entries)

削除に成功した場合はtrueを返します。

js

let extension = new Set();

extension.add('html');
extension.add('css');
extension.add('js');

for (let val of extension.entries()){
    console.log(val);
}

実行結果

[ 'html', 'html' ]
[ 'css', 'css' ]
[ 'js', 'js' ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です