【8/27まで】Udemyの人気コースが今なら1,200円から!!

【Windows版】VSCodeで始めるSpringBoot(Gradleプロジェクト編)

【Windows版】VSCodeで始めるSpringBoot(Gradleプロジェクト編)

この記事では、VSCodeでSpringBootのGradleプロジェクトを動かすための手順を解説します。

Gradleのインストール

Gradleのインストールが未だの場合は以下の手順にてインストールができます。
【Windows版】Gradleのインストール方法 【Windows版】Gradleのインストール方法

拡張機能のインストール

以下の2つをインストールします。

SpringBootExtensionPackのインストール

Spring Boot Extension Packのインストール

この拡張機能をインストールすると、以下の拡張機能も使えるようになります。

  • Spring Boot Tools
  • Spring Boot Dashboard
  • Spring Initializr Java Support
GradleforJavaのインストール

Gradle for Javaのインストール

Spring Bootプロジェクトを作成する

VSCodeを開き、コマンドパレットより、「Spring Initializr: Generate a Gradle Project」を選択します。

Spring Bootのバージョンを選択します。ここでは「2.6.1(SNAPSHOT)」を選択します。

プログラミング言語を選択します。ここでは「Java」を選択します。

プロジェクトのグループ名を入力します。ここではデフォルトのままにしておきます。

プロジェクト名を入力します。ここではデフォルトのままにしておきます。

ビルドタイプを選択します。ここでは「jar」を選択します。

Javaのバージョンを選択します。ここでは「11」を選択します。

依存関係を選択します。ここでは以下の4つを選択します。

プロジェクトの格納先を選択します。(任意の場所)

作成したプロジェクトを開き直すと以下のようになります。

Hello Worldの実行

このままではHello Worldできませんので、Javaクラスと静的htmlを追加します。
今回は、「DemoApplication.java」と同じ階層にJavaクラスファイルを2つ作成します。
1つ目のクラスは「SimpleCtrl.java」という名前で、アクセスしたURLに対応した静的htmlファイルを返すクラスです。
2つ目のクラスは「RestCtrl.java」という名前で、アクセスしたURLに対応した文字列を返すクラスです。
静的HTMLファイルは「resources/templates」配下に「test.html」という名前で作成します。

SimpleCtrl.java

package com.example.demo;

import org.springframework.stereotype.Controller;
import org.springframework.web.bind.annotation.RequestMapping;

@Controller
public class SimpleCtrl {

    @RequestMapping("/test")
    public String sample() {
        return "test";
    }
}

RestCtrl.java

package com.example.demo;

import org.springframework.web.bind.annotation.RequestMapping;
import org.springframework.web.bind.annotation.RestController;

@RestController
public class RestCtrl {

    @RequestMapping("/")
    public String sample2() {
        return "Gradle Spring Boot";
    }
}

test.html

<!DOCTYPE html>

<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>Gradle Sample</title>
</head>
<body>
 <span>Gradle Spring Boot Hello World2</span>
</body>

作成したら、「Spring Boot Dashborad」の「▷」をクリックしてプロジェクトを起動します。

アイコンが緑色に点灯したことを確認し、ブラウザを開き「http://localhost:8080」にアクセスします。

すると「Gradle Spring Boot」と表示されることが確認できます。これは「RestCtrl.java」側の処理で文字を表示しています。

続いて、ブラウザで「http://localhost:8080/test」にアクセスします。

こちらも「Gradle Spring Boot Hello World2」と表示されることが確認できます。これは「SimpleCtrl.java」を通して「test.html」を表示しています。

その他

従来どおりSpring Initializrで作成したzipファイルを展開し、VSCodeで読み込むことでもHelloWorldできます。

以上でGradle版Spring Bootの環境構築は完了です。
お疲れさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。