Udemyの人気コースが今なら80%OFF!

【GitLab】git commitができないときの対処方法。[Please tell me who you are.]が発生する。

【GitLab】git commitができないときの対処方法。 [Please tell me who you are.]が発生する。

この記事ではgit commit時に以下のエラーPlease tell me who you are.が発生した場合の対処方法をメモしておきます。

問題

git pushしたとき、以下のような結果になりました。

*** Please tell me who you are.
Run
git config --global user.email "you@example.com"
git config --global user.name "Your Name"
to set your account's default identity.
Omit --global to set the identity only in this repository.
fatal: unable to auto-detect email address (got 'XXXXX@DESKTOP-9B1ES0K.(none)')

Please tell me who you are.をGoogle翻訳すると「あなたが誰であるか教えてください。」となります。

このエラーはGitの初期設定をしていない場合に発生します。

また、fatal: unable to auto-detect email addressをGoogle翻訳すると「致命的:メールアドレスを自動検出できません」となります。

対処方法

やるべきことはコンソール中に書かれた以下の文言にあります。

Run
git config --global user.email "you@example.com"
git config --global user.name "Your Name"
to set your account's default identity.
Omit --global to set the identity only in this repository.

今使っているGitのユーザ名がuser01で、メールアドレスがuser01@user01.comの場合、以下のコマンドを実行します。

git config --global user.email "user01@user01.com"
git config --global user.name "user01"

これで再度git commitコマンドを実行すれば、コミットが正常終了します。

以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です