頭脳一式

人の記憶なんて曖昧なもの。すべての情報を頭に記憶するなんてナンセンス。困ったらここに来ればいいじゃん?というスタンスで最強のナレッジベースを目指すブログ

「Git Credential Manager for Windows」が何度も聞かれないように認証設定しよう!

本記事ではGitでHttp接続するときに毎回聞かれる以下の画面、「Git Credential Manager for Windows」の入力を省略するための手順を解説していきます。
一度設定してしまえば何度も聞かれることはなくなるので、ぜひ設定しておきましょう。

Git Credential Manager for Windowsの入力画面
Git Credential Manager for Windowsの入力画面

環境

クライアントPCはWin10で、Hyper-V上のCentOS7にGitLabを構築しています。

  • Windows 10 Pro 64bit 1903
  • Git for Windows インストール済
  • GitLab on Hyper-V

手順

[コントロールパネル] > [ユーザアカウント] > [資格情報のマネージャ] を開き、[Windows資格情報の追加]をクリックします。

資格情報のマネージャ
資格情報のマネージャ

ここでGitLabのURLと自分のGitアカウント情報を入力します。
入力例は以下のとおりです。

Windows資格情報にGitLabの情報を追加する。
Windows資格情報にGitLabの情報を追加する。

GitLabのURLの入力ですが、ここはフルパスで入力するのではなく、たとえばhttp://gitlab.local/というアドレスで普段アクセスしているのであれば、ホスト名であるgitlab.localを設定します。

入力を終えたらOKボタンを押下し、設定が反映されていることを確認します。

資格情報にGitLabが追加されたことを確認する。
資格情報にGitLabが追加されたことを確認する。

手順は以上です。
これで[Git Credential Manager for Windows]が何度も聞かれずに済むようになりました。

お疲れさまでした。