【8/27まで】Udemyの人気コースが今なら1,200円から!!

【HTML5】kbd要素の使い方

【HTML5】kbd要素の使い方

普通の使い方

以下の例は「キーボードで『ipconfig』と入力しろ。」と言う意味になります。

HTML

<kbd>ipconfig</kbd>

入れ子

以下の例は「キーボードで『F12』キーを入力しろ。」と言う意味になります。

注意
「F」「1」「2」をタイピングして「F12」にするという意味ではありません。

HTML

<kbd><kbd>F12</kbd></kbd>

kbd要素の中にsamp要素がある場合

以下の例は「システムが『上書き保存』を選択しろ。」とユーザに対して言っているという意味です。

HTML

Excelを保存するには<kbd><samp>上書き保存</samp></kbd>してください。

samp要素の中にkbd要素がある場合

以下の例は「あなたが入力したのは『○○』です。」と言っている意味になります。

HTML

<samp><kbd>○○</kbd></samp>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です