Udemyの人気コースが今なら80%OFF!

【Java入門】StreamAPI マッピング処理(mapメソッドの使い方)

【Java入門】StreamAPI マッピング処理(mapメソッドの使い方)

mapメソッドとは

mapメソッドは、中間操作の一つで、streamオブジェクトを任意の処理で加工した別のstreamオブジェクトを生成することができます。

サンプルコード

以下の処理は、1~5の要素をそれぞれ2倍して表示します。

Java

public static void main(String args[]){
    IntStream.rangeClosed(1,5)
    .map(n -> n *2)
    .forEach(System.out::println);
}

実行結果

2
4
6
8
10

mapメソッドで任意の処理を実行する

mapメソッドでは、関数型インターフェースのFunction<T,T>UnaryOperatorを用いることにより、任意の処理を実行することが可能です。

サンプルコード

Java

//mapのメイン処理
IntUnaryOperator m = n -> {
    int x = n * n;
    if (x > 20){
        x = x * 100;
    }
    return x;

};

//Intger型のストリームを生成して実行。
IntStream.rangeClosed(1,5)
.map(m)
.forEach(System.out::println);

実行結果

1
4
9
16
2500

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です