【8/27まで】Udemyの人気コースが今なら1,200円から!!

【JavaScript入門】イベントリスナの関数に引数を渡す方法3選

【JavaScript入門】イベントリスナの関数に引数を渡す方法3選

方法1:イベントオブジェクトだけあれば良い場合

引数が要らず、イベントオブジェクトに対して何らかの処理を行いたい場合は以下のように記述することが出来ます。
イベントオブジェクトを関数側で受け取るにはlistener(e)とする必要があります。
以下の処理は、ボタンを押すと、ボタン名がそのボタンを押下した回数に変わり、その下に合計回数を出力するサンプルです。

See the Pen
watasu1
by shiakisudev (@shiakisu)
on CodePen.

HTML

<button id="btn">ボタン1</button>
<button id="btn2">ボタン2</button>
<div id="output"></div>

js

let obj = document.getElementById("output");
let cnt = 0;
document.getElementById("btn").addEventListener('click',listener,false);

document.getElementById("btn2").addEventListener('click',listener,false);

function listener(e){
  let i = ++cnt;
  e.target.textContent =  i;
  obj.innerHTML = i;
}

方法2:イベントオブジェクトの他にも値を渡したい場合1

以下のように記述するとイベントオブジェクトの他にも値を渡すことが出来ます。
以下の処理は、ボタン1を押すとボタンの色が赤色に、ボタン2を押すとボタンの色が青色に変わるサンプルです。

See the Pen
watasu3
by shiakisudev (@shiakisu)
on CodePen.

HTML

<button id="btn">ボタン1</button>
<button id="btn2">ボタン2</button>

js

document.getElementById("btn").addEventListener('click',function(e){
  listener(e,"red");
},false);

document.getElementById("btn2").addEventListener('click',function(e){
  listener(e,"skyblue");
},false);

function listener(e,color){
    e.target.style.backgroundColor = color;
}

方法3:イベントオブジェクトの他にも値を渡したい場合2

以下のように記述するとスマートです。

See the Pen
watasu2
by shiakisudev (@shiakisu)
on CodePen.

HTML

<button id="btn">ボタン1</button>
<button id="btn2">ボタン2</button>

js

document.getElementById("btn").addEventListener('click',listener("red"),false);
document.getElementById("btn2").addEventListener('click',listener("skyblue"),false);

function listener(color){
  return function(e){
    e.target.style.backgroundColor = color;
  }
}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です