【8/27まで】Udemyの人気コースが今なら1,200円から!!

【GitLab】管理コマンド

主に、TeraTerm等で使用するGitLabコマンドの使い方をまとめます。

GitLabの起動

gitlab-ctl start

GitLabの停止

gitlab-ctl stop

GitLabの再起動

gitlab-ctl restart

GitLabのプロセス確認(全部)

Gitlabの全プロセスのステータスを一撃で取得するには以下のコマンドを実行します。

gitlab-ctl status
ステータス 意味
run: プロセスが起動中
down: プロセスが停止中

GitLabのプロセス確認(個別)

コマンドの最後にプロセス名を指定することにより、個別で確認することができます。

gitlab-ctl status postgresql

プロセスの強制停止

緊急時にはkillコマンドで強制的にプロセスを停止させることができます。

gitlab-ctl kill postgresql  ##強制停止
gitlab-ctl restart postgresql  ##再起動

設定ファイルの反映

Omnibusパッケージの場合、GitLabの設定情報はすべて/etc/gitlab/gitlab.rbで定義しています。
この設定値を修正した場合は、以下の再構成コマンドを実行する必要があります。

gitlab-ctl reconfigure

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です