【8/27まで】Udemyの人気コースが今なら1,200円から!!

【JavaScript入門】コールバック処理

【JavaScript】コールバック処理

コールバックとは、以下のprint関数のように、呼び出し先の関数の中で呼び出される関数のことです。

js

let array = [1,2,3,4,5];

arrayLoop(array,print);
function arrayLoop(array,func){
    for (var a of array){
        func(a);
    }
}

function print (str){
    console.log(str);
}

実行結果

1
2
3
4
5

コールバック関数を一度しか使用しないのであれば(使い捨てにするのであれば)関数に名前を付けずに、以下のように匿名関数として記述することでもきます。

js

let array = [1,2,3,4,5];

arrayLoop(array,function (str){
    console.log(str);
});

function arrayLoop(array,func){
    for (var a of array){
        func(a);
    }
}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です